SOLARA

長期契約をしているレンタカーの契約更新時に、今まで乗っていたFord
Focusがメンテナンスのために交換しなければいけないと言われた。で、用意されたのが、TOYOTA
SOLARA。ちなみにSOALAR(ソアラ)とは全く違う別の車。(ソアラは、Lexus
SC300)。この車、北米で生産した北米専用車のようで、日本では発売していない。
このSOLARAは、実際のところ中身はCAMRYで、そのために当然ながらFF。排気量は2.2L(直4)と3.0L(V6)があるのだが、これは2.2Lの方。(ちなみに、V6の方は、エンブレム等が全て金色となるらしい)
安い方とはいっても、さすがTOYOTA・・・というか日本車。北米生産とはいえ、静かさや品質感、スムーズさ、燃費、パワー等、もうしわけないが全てに
おいてアメリカ車とは比べるまでもない。今までのFOCUSも2.0Lだったのだが、パワーにおいては、たった200ccの差とは思えないほど。アクセル
を踏んだ感じと、そのスムーズさは、カローラとマーク2程度かそれ以上の開きがある・・・・。

2ドアクーペに乗るのは学生時代のシルビア以来の約10年ぶり。
使い勝手を考えれば2ドアは不便かもしれないが、体の大きな私にとっては、なんといっても足元が窮屈でないのが嬉しい。

ちなみに、契約はClass A(コンパクトクラス)なのだが、このSOLARAはClass YD。値段の上では3ランクほど上。
でも、今までの分も入れて一年以上の長期契約ということで、無料アップグレードされたわけだ。
Hertzレンタカーでは、長期契約の実績や利用頻度が高いと、無料でGoldメンバーになることができる。無料の上、メリットが多いので申請をしていたのだが、その審査が通ったという通知がきていた。(メンバーカードは未)
契約更新時にこの通知を持参していたのだが、「再度Focusでいいか?」と尋ねてきた窓口の担当者にこの通知を見せると、向こうの態度が明らかに変った。で、「SOLARAがあるけど、どうする?」となったわけだ。
「アップグレードはホントに無料なのか?」と聞き返すと、「もちろん!」とのこと。いやー、アメリカって、ホントに信用第一だね。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す