道端から

恵比寿

近所に、よくしゃべる鳥を飼っているお宅がある。駅までの通り道なので毎日その家の前を通るのだけど、これまでその姿をみたことがなかった。
鳥かごの大きさから九官鳥だと思っていたら、先日、妻がついにその姿をみたらしく、九官鳥ではなくオウムと判明。

その家の前を人が通るときまって何かしゃべるのだけど、エサ時なのか、妻が通り掛る時間帯は特によくしゃべるらしい。
「あなたぁーっ!」 「ちょっとどしたのぉーっ!」 「えぇっ!?何っ!?」
って、ものすごい勢いでしゃべりまくるので、道行く人は驚いてみな足をとめる。
オウムが覚えるほどとは、普段どれほどしゃべる奥様なんだろう?

 


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す