tumblrの魅力

DSC_0681
最近気になっている「tumblr」なるソーシャルサービス。twitterと並んで「ミニブログ」と表現されることも多いtumblrだが、しかしこの2つのWebサービスの楽しみ方はまったく異なると言えるもの。twitter同様にやること自体はとてもシンプルなtumblrだが、できることはとても奥深く興味をそそられるのだ。tumblrは,twitterが日本で火がついて盛り上がっていた少し後,2007年の4月~5月にかけて話題になりはじめたサービスだ。当時twitterが(一部かもだが)爆発的なブームだったこともあって,tumblrがスタートした2007年3月の時点での日本人ユーザはあまり多くはなく静かなものだったのではないだろうか。僕がtumblrをはじめたのは2009年ぐらいで、しばらく利用はしていなかったのだけど、どうもおもしろそう。僕が思うtumblrのおもしろさは「シンプル,かつ自由で創造的」ということ。tumblrは,通常のブログのように自分で記事を書いたり画像を載せたりすることもできるが、何より最大の特徴はネット上で見つけた文章や画像や動画を簡単に「リブログ」という操作でどんどんスクラップできることにある。「何をテーマに集めるか」だけでもそこには特徴が生まれ、その可能性は無限大だ。自分が気になる情報だけを集めたりすれば自分だけのメモとしても使えるし、もちろん,自分が見たものを携帯で写真に撮って掲載したり…といった使い方も可能です。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す