« Posts under Philadelphia ローカル

海外旅行中の入院と医療費

日本から遊びに来ていた友人が滞在中に体調を崩し、腹部の痛みと熱、そしてやたらトイレが近いとのこと。12/30の夜のことで、街は Xmas Holiday から New Years に至るHoliday期間真っ只中、ボクの知る病院はどこもClose。
同僚のアメリカ人の奥様がナースときいていたのでtelにて相談したところ、「症状は伝えておくのですぐ病院に連れて行け」と近くの救急病院を紹介してくれた。急いで友人を車にのせて連れて行くと、そのまま緊急入院となった。
医者の説明は英語が聞き取れずよくわからなかったものの、絵を描いて説明してくれた。どうも急性腎炎か膀胱炎の疑いということのようだ。精密検査など含めて一週間程度の入院が必要とのこと。2週間程の滞在旅行での帰国直前のことなので、帰国は急遽延期。帰国便はフライトの変更ができない格安チケットだったので払い戻しは無理と諦めたのだが、キャンセル連絡の際、急病によるものであるとの事情説明をすると、追加チャージもなくオープンに変更することができた。帰国日程が決まり次第、再予約すればいいとのこと。繁忙期でスタンバイ客があったのかもしれないが、何にせよラッキーであった。

その後、点滴を受けるだけの入院生活を経て体調も回復。2回目のCT Scanの結果では懸念されていた盲腸の可能性もなくなり、微熱は続いているものの帰国の際のフライトには問題ないという医師のお墨付きもいただいた。入院から5日間ほどで退院できることとなった。

あと残るのは治療費の支払いについて。
ボクが現地での連絡先となっていたのだが、おおよその金額を聞いておいてくれと友人から依頼されていたので、保険会社に尋ねてみた。

保険会社の医療安心サービスなる窓口の話によると、海外旅行の際に入院となった場合は、入院だけで約$2,000~$3,000/日程度掛かるのだそうだ($1=120円換算で、一日あたり24万円~36万円!!)。
その他、治療費やCT Scan等の費用を加味して考えると、5日間の入院なので、ざっと150万~300万円程度ではないか・・・・ということだった。

保険について友人に確認すると、今回の旅行代の支払いに使用したクレジットカードに付随する上限50万の海外医療保険の他、個別加入していた旅行保険にも上限約1千万の医療費補償があるというから、特に問題はないだろう。退院の際に処方箋をもらって服用薬を購入(約$120)していたが、これも保険でCoverされるはずだ。

退院時点では Medical Record はまだ完了していないとのことで、後日、病院から直接日本の友人宅に郵送するのだそうだ。これは、医療に関する個人情報の守秘義務の観点から本人以外に見せることはできないため、保険会社やボクが代わりに受け取るということはできないことになっているのだとか。友人によれば、医療通訳サービスを受けるときも、同じ理由で Insurance service Agentより同意書に署名を求められたそうだ。
医療費の請求については、病院から直接保険会社に請求されるように手配済みとのことで、退院時の処方薬の分以外は一切の立替金は発生しなかった。

ちなみに、病院での会話については、ボクも友人も翻訳サービスの必要は全くなかった。病院を紹介してくれた同僚のアメリカ人が、日本人が理解しやすい言い回しやコツなんかを病院側に伝えてくれていたらしく、Dr.やNurseの話もとてもわかりやすくて聞き取りやすく、投薬の際にもゆっくりと説明してくれたので、治療に伴う不安などはほとんどなかったとのことだった。

なにがあるかわからないので、海外旅行に行くときには旅行保険の加入は必須だね。。。。。

 

<追記>

後日きいたところによると、5日間入院での請求総額は、$22,500(約270万円)だったとのこと。
治療らしいことといえば、毎日の生食塩水とブドウ糖かなんかの点滴と、2~3種の服用薬だけだそうだ。当然すべて保険で支払われたため、友人本人はなにも負担は無かったそうだ。

76ers (NBA)

アメリカにはいくつかのプロリーグがあるが、NBAもその一つ。Philadelphiaの地元チームは「76ers」といって、日本ではあまり馴染みが無いかもしれないけど、結構強いのだ。ちなみに、76ersは「Seventy Sixer's」なのだが、通称「Sixers」と呼ばれている。76とは、アメリカが独立した「1776」にちなんだもの。Philadelphiaのプロチームは、NBAの76ersのほかに、NFLの「Eagles」、NHLの「Flyers」、MLBの「Phillies」がある。このうち、Philliesを除いた3つはAクラスと言えるのだけど、Philliesはイマイチだねぇ・・・・。

今回のチケットは、仕事の都合で行けなくなったと駐在員の人から譲り受けたものだったのだが、1階席のど真ん中の好ロケーション。 Sixersは人気チームなので、結構チケットの入手は結構困難なのだ。(ちなみに、今回はHornets戦だったのだけど、Lakers戦だと、まともな手段では購入できない)
ちょっと得した気分。
場所は、Philadelphia郊外にあるFirst Union CenterというSixsersの本拠地です。

Gameは、勝ち負けもさることながら、Showの要素がふんだんにあって、「やはりプロリーグはこうでなくちゃ」と思う。お金を払って観に行くのだから、楽しませてもらわなくっちゃね!

下の写真は、HALFTIME SHOW!

これもHalf time show。
派手なダンクをみせてくれるのだけど、さすがに踏み台を使ってます。。。

Autumn Color

アメリカで紅葉をみるのはもう二度目。でも、昨年はミネソタに居たので、Pennsylvaniaの紅葉を見るのは初めて。

紅葉というより「黄葉」という感じなんだけど、まぁ、秋の雰囲気は伝わってくる。

 

この写真は、アパートの前で撮ったもの。
まだ葉っぱは落ちきっていないけど、落葉が済んだころにはまた例の・・・「お掃除」が始まるのだろうな。

Skunk

会社帰り、アパートの駐車場に車を停めて、ウチに入ろうとすると、すぐ脇で「ガササ」と物音が・・・・

何かと思ってよくみると、Skunk(スカンク)!!!!

会社のアメリカ人らから「キャンプに行った時に子供がスカンクを見つけて、そりゃもう、大騒ぎ・・・・」などと聞いていたのだが、まさか、自分の住んでいるアパートの敷地内にいるとは思っていなかった。会社のヤツに話したら「うん、この辺は結構いるよ」とのこと。で、スカンクと言えば・・・放屁(^_^;)
英語では「Splay」という。

これに関して、会社のアメリカ人に聞いてみた。曰く・・・
●滅多なことではSplayされない。普通は、人間が近づけば、スカンクの方が逃げていく。
●とはいっても、スカンクは袋小路のようなところに追い込まれるとSplayする・・・ので、決して追い込んではいけない。
●もし、高速道路等で運悪くスカンクが飛び出してきて、誤って車で轢いてしまった場合・・・・・それはそれはもう大変。1ヶ月以上は臭いがとれなくて、とてもではないがその車にはしばらくは乗れない。もちろん、いくら洗ってもだめ。
●時々、飼い犬がスカンクにチョッカイをだして、Splayされてウチに逃げ帰ってくる。それはそれはヒドイ臭いで、犬も大変だが、飼い主もまた大変
●Splayされてしまった場合、服はもちろん、体に臭いが染付くので、風呂に入って体を洗ったぐらいでは全く臭いがとれない。
・・・・などなど。

で、会社で、「もしSplayされたらどうすればいいの??」と聞いてみたら、皆一斉に口を揃えて、「すぐトマトジュースの風呂に入れ!」とのこと。
飼い犬の場合でもそうするのだそうだが、バスタブをトマトジュースで満たして「トマトジュースの風呂」に入るんだって。
ケチャップでも構わないとのことだが、「100%トマトジュース」が一番いいのだとか。
ちなみに、車で轢いてしまった場合も、車をトマトジュースで洗車すると少しはマシになるのだそうだが、「車をトマトジュース風呂に入れる」というわけにはいかないので、あとは臭いが消えるまで車を放置しておくしかない・・・んだって。
「スカンクの臭いにはトマトジュース」というのは、アメリカでは結構常識なんだとか。ウチのまわりにスカンクがいなくても、キャンプ場とかではよく遭遇するので、Splayされるのはあまり珍しいことではないんだって・・・さ。
なぜトマトジュースがいいのか・・・は、「トマトジュースに含まれる成分が臭いを分解するらしい」とは言っていたが、これに関しては、真偽のほどは定かではない・・・・・とも言っていた。
ともかく、「スカンクの臭い消しには、トマトジュース風呂・・・・」。いやー勉強になります。(^_^;)

ちなみに、この写真は、とっさに「フラッシュをつけてスカンクを刺激してはいけない」と思ったので、フラッシュ無しで撮影。
・・・・で、そのままでは真っ暗でわからないので、Photoshopにて明るさだけを調整した。Splayが怖くて、これ以上近づけませんでした・・・・。
このスカンク、ウチのアパートのあたりに巣があるのか、この夏、結構頻繁に見かける。車からウチに入ろうとすると、歩道脇に時々いて、ガサガサ!と逃げていくのだけど(スカンクが動きだすまで私は気が付かない)、もし車を降りた瞬間とかにバッタリ遭遇したらどうしよう・・・・。 (^_^;)
それにしても、前述のDeerといい、この住環境、いいんだか、悪いんだか・・・・・

DSL

かねてから申し込んでいたDSLのキットが送付されてきた。
申し込んでから局工事が終わっての開通まで、約3ヶ月を要す。これは、ISDNが普及し始めた4年ほど前の日本でも同様だったと思う。(私は当時、”ISDNに移行しても電話番号が変わらない”という状況を待って、すかさず申し込んだのだけど3ヶ月ほど待たされた)
正確には、DSLへの申し込みをすると、数日後にはキットが送られてくる。
でも、キットの中に入っている説明書には、「局の回線工事が終了するxx月xx日のxx時までは、この機械を接続しないように」と厳重に書かれている。
私はWebから申し込んだのだけど、まず、自分の電話番号を入力すると、DSLのサービスが可能かどうかがすぐにわかる。これは、日本のISDNでの検索サービスと同様。
で、サービス可能なことを確認して、あとはWeb上から住所やクレジットカード番号等を入力するだけ。
DSLのサービスは、米東海岸NY近郊を受け持つ電話会社の「Bell Atlantic」(日本でいるNTT東日本のようなもの)の他にも、各社行っている。値段もマチマチだけど、ざっと$40~$50程度ではないだろうか。

「そもそもDSLって何?」という人のために、簡単に説明すると、
「伝送媒体として一般の電話回線を使って、それでいて専用線(常時接続)接続状態でのInternet Serviceを行う」というもの。
特徴として
●まず圧倒的に速い。普通のISDNは64K(正確には2B+Dの64Kx2+32K)だけど、DSLは500K程度。ISDNの8倍ぐらい速い。
●常時Internetに接続。つまり、例えば、自分のウチのPCをWebサーバーにすることだって可能。
●DSLモデム(下記写真)以外、特別な機器や工事が不要。今の電話回線をそのまま利用できる
●常時接続でありながら、電話回線も同時に利用可能。Internetしながら電話が使える。
●ケーブルTVでも500K程度の速度はでるが、ケーブルTVは加入者全体でケーブル全体の帯域を共有。つまり、多くの人が同時にInternetを使用していると一人あたりの転送速度は遅くなる。でも、DSLは「少なくとも局までは自分専用の回線」。
●自宅にLAN環境があれば、複数のPCから同時にInternetが利用可能。これは、ISDNでもダイアルアップルーターがあれば可能だけどね。
・・・・などなど。
具体的に、「ISDNと何が違うんだ??」という質問には、一般のISDNは、専門用語でいうと「呼毎接続(必要に応じて電話を掛けて接続)」というもの。DSLは常時接続だから、PCが起動してさえいれば、常時Internetに繋がっている。
「じゃ、電話は使えなくなるの_」という質問には、DSLの通信データは、電話の会話の伝送に使用する周波数帯域と全く違う帯域を利用するので、同時に使用が可能。Internetを使いながら、電話は普通に使用できる。

ただし、電話機を使用するには、スプリッタと呼ばれる変換機(データ通信用の信号と電話の信号を振り分けるもの)が、電話機ごと(正確には、モジュラージャックごと)に必要。Bell Atlanticのキットには、このスプリッタが6つ付属している。
(左写真のビニール袋に入ったもの)

日本でも23区内の一部の地域でDSLのサービスが試験的に始まったようだけど、日本の場合、幹となるネットワークの整備がまだまだ遅れている。つ
まり、お風呂の蛇口にどんなに太いパイプを使ったって、家に引き込まれている水道管、もしくは家の前の道路の下に埋まっている水道管が細ければ、それ以上
の水は出てこないのだ。

アメリカの通信環境は、少なくとも日本の3年先は行っている(5年かもしれない)。
DSLやケーブルTVでのInternet利用を経験してしまうと、ISDN(INS64)って、お話にならないぐらい、遅いんです・・・ (^_^;)

■DSL Modem本体
(LAN接続用)
*私は自宅にLAN環境を既に持っているので、Ethrnet PortだけのこのタイプのModemにした。

■送付されたキットに含まれるもの。
DSL Modem本体(下)
Splitter 6つ(右上のビニール袋)
取り扱い説明書(英語とスペイン語)
ソフトウェア