掃除機

アメリカの住居は、部屋が広い&カーペット等の毛足が長いので、掃除機は大パワーのものが必要となる。

そのせいかどうか・・・はわからないが、市販されている掃除機はみな、日本でいう業務用ともいえる大きなもの。

それと、日本で一般的な形状(以下、便宜上"ポチ"という。本体からホースがでていて、本体と吸い込み口が離れているもの)ではなくて、本体自身に取っ手&吸い込み口がついているようなものが一般的。

なぜポチではだめなのか・・・と考えてみたのだが、土足のアメリカでは、土・砂・水等も吸い込まなければならない。ホースを経由して吸うポチだと、その吸い込みのためにより強力なパワーが必要となるのではないだろうか・・・・?と勝手に想像した。

収納に困らないアメリカの家庭では、大きさや静かさよりも、その吸い込み力が重要なのだ。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す