DVDのリージョン

Playstation2をGetしたので、DVDを観れる状況となった。
アメリカはDVDが普及しており、S/Wも安い。
映画で、店頭$25程度だが、Webだと$14程度。
音楽モノで、店頭$35程度で、Webだと$20程度。
例の裏技(アナログコントローラーの上下キー押しながらPowerOn)を使って、確かにRegion 1(アメリカ用)のDVDもが再生できるのだが、全てではない。
右の写真のうち、JackaとBoy’s don’t cryの2つが再生できない。
映画会社等によって・・・というわけでもないのだが、どうも最新作であればあるほど再生できない可能性が高いようだ。

Region Freeに改造してあるDVDプレーヤーは、以下のサイトから日本からでも購入可能のようだ。
http://www.dvdaction.com/
http://www.dvdcity.com/

Region Free
Playerのメリットは、日本ではまだ公開されていないアメリカの映画を見ることができるのはもちろんだが、Macro VisionのCopy
guardも外されているので、VIDEOに録画することができるようにもなる(これはPS2では不可)。
でも、その購買層は多岐に渡り、上記の目的もそうだが、例えばヨーロッパの英語圏以外からアメリカに来た人が、自国の言葉で観たいという場合もそう。
ただし、日本やアメリカのTVはNTSCという規格だが、ヨーロッパはPALという規格。Regionの問題以外にも、PALのDVDやVIDEOを
NTSCのTVで観ることは不可能なのだが、先のcode
freeのPlayerだと、TVさえMultiに対応していればPALでもNTSCでもどちらのDVDでも再生できる。


Comments (0)

› No comments yet.

コメントを残す